妊娠線お悩みガイド

妊娠線お悩みガイド

妊娠線の治療がしたい!妊娠線の基礎知識

妊娠線に関する知識をもっとご紹介

女医

妊娠線はお腹だけじゃない!

妊娠線はお腹にできるもの、と思っている方も多いかもしれません。妊娠線は胸や二の腕、お尻などにもできてしまうのです!妊娠線を予防するなら、全身をケアする必要がありますよ。

READ MORE
女性

できてしまったら…治療方法をご紹介

妊娠線ができてしまって気になる方へ。妊娠線専用クリームではなかなか対処しきれないことも多くあります。ここでは、できてしまった時の治療方法をお教えします。

READ MORE
カウンセリング

妊娠線を予防したい

妊娠線ができるのは、乾燥が大きな理由となっています。そのため、予防にはとにかく保湿が大切なのです。保湿を行う際には妊娠線ができやすい場所を意識しながら、日々ケアを行いましょう。

READ MORE

妊娠線について

気になる妊娠線…

体型の変化によって、皮膚の表面にひび割れのような線が現れることがありますよね。きっかけは妊娠であったり、肥満などによって急に体型が変化してしまうことが原因です。妊娠してできるものを「妊娠線」、肥満によってできるものを「肉割れ」と呼び、どちらも同じメカニズムで発生してしまいます。

妊娠線・肉割れはどうしてできる?

妊娠線や肉割れができてしまうと、消すことは難しいと言われています。妊娠線ができるメカニズムとは、体型が変化することによって皮膚が強制的に引っ張られ、その負荷に耐え切れなかった皮膚が傷を受けてしまうのです。傷を受けてしまうのは、皮膚のより深い部分にあたる「真皮」になります。

妊娠線ができやすい人とは

妊娠線ができる人とできない人とがいます。その違いは年齢や体質、生活習慣にかかわります。妊娠線ができやすいのは30歳半ば以上の方、体型が小柄であること、普段運動をしない、などが挙げれらます。妊娠線ができにくい方は、20代といった若い方、妊娠中に体重の増加が激しくなかった、血行が良く体が温かいなどになります。

妊娠線は治療で改善します

妊娠線が出来てしまった方でも、正しい治療を行えば改善することができます。また、今後も2人目、3人目を考えている女性も妊娠線の知識を身につける事で予防ができますよ!

<PR>
京都の不妊治療サロンへ。
体質改善効果大?貴方に合った施術をチェック。

<PR>
大阪の婦人科へ行って悩みを改善。
デリケートな悩みとさようなら!貴方に最適な治療を提供中。

【PR】
人工授精を大阪の病院で受ける。
赤ちゃんが欲しい!優良情報まとめ。

三次市で不妊治療を始める。
漢方に頼ってみる価値あり!

不妊治療は大阪のクリニックへ
スタッフが親身になって対応してくれる

新着情報

妊娠線の治療に役立つ知識を身につけよう!

妊娠線の治療や予防のために、役立つ基礎知識やケア方法などを詳しくご紹介します!妊娠線はできてしまっても、正しい治療を行うことで症状を良くすることができますよ。

広告募集中