妊娠線お悩みガイド

妊娠線お悩みガイド

妊娠線ができやすい場所とは?治療に役立つ知識をお教えします

妊娠線ができやすい場所

お腹周りだけじゃない!

妊娠線が発生する箇所はお腹周りだけではありません。妊娠によって体型が変化する部分は胸やお尻、太ももなどが挙げられます。妊娠線が一度できてしまうと、治療を行うことが大変な場合もあります。お腹以外の部位にも気を使い、正しいケアを行うことが大切です。

特に胸は注意!

お腹周りの次に変化しやすいのが胸となります。胸は授乳に備えて大きくなり、通常よりも2~3サイズもアップしてしまう事は十分考えられるのです。特に、赤ちゃんが生まれた後は胸が急に大きくなりますので、保湿クリームを利用したり、マッサージを行ったりすることをおススメします。

盲点になりやすいお尻

妊娠中は胎児を支えるために、お尻が大きくなります。しかし、お尻は目が届かない為、見逃してしまうケースも多くあります。お尻は血行が滞ることも多いために、妊娠線が発生しやすい状況にもあります。保湿を行ったり、血行を良くしたりする、座りっぱなしを避けるなどの工夫をしましょう。

妊娠線の治療に役立つ知識を身につけよう!

妊娠線の治療や予防のために、役立つ基礎知識やケア方法などを詳しくご紹介します!妊娠線はできてしまっても、正しい治療を行うことで症状を良くすることができますよ。

広告募集中