妊娠線お悩みガイド

妊娠線お悩みガイド

妊娠線ができてしまったら?おススメ治療法などをお教えします

妊娠線の治療

レーザー治療

妊娠線を消すための治療は、クリームやオイルだけでは改善することが難しくなります。レーザー治療を行うことで、傷を受けた皮膚の奥の部分に働きかけることが可能です。その内容としては、患部を照射してターンオーバーを促進させるというものになります。

炭酸ガス

炭酸ガスを用いた治療は、皮膚の内部にある真皮に炭酸ガスを取り入れるというものです。炭酸ガスを入れることによって、皮膚内の血流を良くさせます。血流が良くなることで、真皮が新しく生成することを手助けできるのです。

ヒルドイド

ヒルドイドクリームは保湿をする役割と、血流を良くする効果があります。こちらは妊娠線予防には非常に効果が高いのですが、塗るタイプの治療では問題の真皮まで有効成分を届ける事が困難となるため、できてしまった妊娠線には効果が得られない場合もあります。

妊娠線に関する体験談をご紹介

妊娠線を消すことに成功!(20代女性)

はじめての出産。はじめての娘を授かったときは喜びでいっぱいでしたが、落ち着いたころに妊娠線が気になり出しました…妊娠線の治療のために炭酸ガスの治療法を受けることに。治療開始後から妊娠線が薄くなっていき、ついにはキレイにすることができました!炭酸ガスの治療法に出会えて本当によかったです。

クリームで予防しました!(30代女性)

友人たちから妊娠線の悩みを良く聞いていたので、私も妊娠線が出来ないようにと、クリームなどで必死にケアしていました。妊娠線予防には、とにかく保湿をすることです。乾燥しやすいお風呂上りなどに使うのがおススメですよ~!

お尻が痒いなと思ったら…(30代女性)

出産後、お尻がなんとなく痒い。ふと鏡で後ろ姿を確認すると、お尻に妊娠線が…!妊娠線ってお尻にもできるんだ、とびっくりでしたね。でも、なによりも痒いのが嫌だったので、保湿を行うようにしたのと、下着の素材にもこだわるようにしたら良くなりました。かいちゃってお肌が荒れるのも嫌ですしね…。

妊娠線が薄くなった(20代女性)

二人目の妊娠・出産で発覚した妊娠線。完全に油断しちゃっていました。ショックを受けつつもネットでレーザー治療法を見つけ、トライしてみることに。レーザー治療はちょっと痛いイメージがありましたが、少しチクッとする程度で、施術も優しくしてくれたので大丈夫でした。5、6回くらいの施術をうけた頃から効果がでてきましたよ。時間はかかるけど、薄くすることができて一安心ですね…

市販のクリームは効果が薄い(30代女性)

市販のクリームを利用して、妊娠線を消そうと思いましたが効果がありませんでした。皮膚科などで相談しても、妊娠線を消すにはクリームやオイルでは難しいとのこと。妊娠線のクリームはあくまで予防なのでしょうね。

妊娠線の治療に役立つ知識を身につけよう!

妊娠線の治療や予防のために、役立つ基礎知識やケア方法などを詳しくご紹介します!妊娠線はできてしまっても、正しい治療を行うことで症状を良くすることができますよ。

広告募集中